TYPOlight 2.7.RC2がリリース

2009年4月5日 11:12

TYPOlight 2.7.RC2が2009年4月1日付けでリリースされました。

TYPOlight 2.7RC2を実運用のWebサイトでは使わないでください!

Webサイトや独自の拡張を対応させるといった確認のために、本リリースをダウンロードしてください。

すべてのプラグインが更新

以下のプラグインが更新されました。

  • mootools 1.2
  • dfGallery 2.005
  • simplepie 1.1.3 (RSSリーダのモジュールは複数のフィードをサポート)
  • TCPDF4.5.032
  • TinyMCE3.2.2.1
  • UFOフラッシュ・プラグインはSWFObjectに置き換え

開発者はmootools 1.2で文法が変わっていることに注意が必要です!

新しい"book navigation"モジュール

ついに、book navigationメニューがナビゲーション・モジュールに追加されました。このモジュールを使うと、入れ子となったサイト構造の中を前や次のページに、本を読むように移動することができます。この種類のナビゲーションをまったくご存じない場合は、wikibooks.orgの記事を読むとよいかもしれません。

改善された検索エンジン制御

サイト構造にメタ・ロボット・タグ(robots="index,follow")を定義して、検索エンジンがページを扱う方法を制御できるようになりました。この新しい設定はTYPOlight内部の検索エンジンとは完全に独立したものです。従って、TYPOlight内部の検索からはページを除外しつつ、Googleにインデックス生成や辿るように伝えることができます。

特徴付きのニュース

ニュース項目に「特徴付き」と印をつける(注目マークをつける)ことができるオプションが追加されました。そして、この印の付いた記事だけのニュースリスト・モジュールを作成して、(異なるニュースアーカイブにあっても良い)選択した記事をフロント・ページに表示して、下位のページではすべての記事を通常のニュースリストで表示する、といったことができるようになります。

個人設定からキャッシュのクリア

バージョン2.7.RC2から、ユーザは個人設定のページから画像キャッシュや一時ディレクトリのキャッシュをクリアできるようになります。このため、ユーザにシステム保守のモジュールへのアクセス権限を与える必要がなくなります。

新しい挿入タグ"iflng"

新しい"iflng"タグを使用すると、ページの言語がタグの言語と合わないと表示されない、言語に特有のコンテンツを挿入できます。モジュールやフォームに言語特有のコンテンツを追加するのに使用できます。

"iflng"タグについてさらに詳細を見ます。

テンプレートの変更

バージョン2.7にはフォーラムでアナウンスされた、かなりのテンプレートの変更が含まれます。今回の変更は既存のすべてのインストールに影響がありますから、投稿された記事を注意深く読んでください!

アナウンスの記事を読みます。

さらに行われた作業を確認

バージョン2.7は2.Xのブランチで、未だかつてない90ものチケットを含んだ最大の変更を含むリリースとなります。より詳しい情報は、新しいバージョンに含まれるチケットや変更履歴から確認してください。

戻る

ニュース