Contao 4.10.0を利用可能

2020年8月18日 10:20 Leo Feyer

Contaoバージョン4.10.0を利用できます。このリリースは改善したルーティング、メールトランスポート、強化したシンプルトークン、特別なイベント、改善した検索、新しい挿入タグ、新しい画像サービス、さらに多数の新しい機能を含んでいます。

改善したルーティング

ルーティング、すなわちサイト構造でページにURLの割り当てをContao 4.10で大幅に修正しました。ウェブサイトのルート毎に個別のURLプリフィックスとURLサフィックスを設定できる様になりました。URLプリフィックスは有効なロケールに限定されませんので、以下のURLを"German/Switzerland"の翻訳に使用できます:

  • https://domain.com/de/
  • https://domain.com/de-ch/
  • https://domain.com/de-schweiz/
  • https://domain.com/schweizerdeutsch/
  • https://domain.com/schweiz/

メインのウェブサイトではURLプリフィックスを付けず、翻訳したページの開始位置だけに付けることさえ可能です:

  • https://domain.com/
  • https://domain.com/support
  • https://domain.com/de/
  • https://domain.com/de/support

この新しいルーティングと第三者による機能拡張は互換性がない場合があるので、初期状態で無効となっていて、有効にするにはアプリケーション構成ファイルで次の様にしなければなりません:

contao:
    legacy_routing: false

リソース: #1516, #477

メールトランスポート

メールトランスポートはアプリケーション構成で定義したSMTP設定(サーバー、ユーザー名、パスワード、送信者)で、バックエンドで電子メールの送信に選択できます。これにより、フォームのデータやシステムメッセージと異なるSMTPのメールボックスと電子メールアドレスからニュースレターを送信することを可能とします。

リソース: #1830, ドキュメント

シンプルトークン

シンプルトークンはSymfony Expression Languageを使用する様にし、機能の範囲を大幅に拡大しました。例えば、AND/ORの検査とmatchesを使用して正規表現が可能となっています。

  • {if value == "foo" || value == "bar"}
  • {if value in ["foo", "bar"]}
  • {if value matches "^https?://"}

SimpleTokenParserサービスにより、独自に作成した機能拡張でシンプルトークンを処理することが可能です。

リソース: #1509, #1756

特別なイベント

特別なニュース項目と同様に、特別なイベントに設定してイベントリストモジュールでそれに応じて絞り込める様にしました。

リソース: #1465

ニュースとイベントでメタデータのロボットタグを上書き

メタデータの題名と説明に加えて、Contao 4.10ではニュースやイベント毎にメタデータのロボットタグも上書きできる様にしました。

リソース: #1778

検索の改善

検索機能、特にワイルドカードの検索はContao 4.10で著しく強力になりました。その上、結果の並べ替えは関連性を単語の数による計算ではなく、TF-IDF (単語の出現頻度-逆文書頻度)に基づく様にして大幅に改善しました。

リソース: #1679

新しい挿入タグ

新しい挿入タグformat_dateconvert_dateにより、日付の書式設定やある書式から別の書式に日付を変換できます。

リソース: #1768

フォームのデータをExcelのCSVに

Form data can now be forwarded in a CSV format that can be read by Microsoft Excel.

リソース: #1870

Symfony Mailer

Contao 4.10はSwiftMailerの代わりにSymfony Mailerを使用します。

リソース: #1829

新しいコマンド

contao:user:createcontao:user:listコマンドで、コマンド行からバックエンドユーザーの追加や一覧できます。

リソース: #1463

Image Studio

Image Studioは画像を簡単に構成してテンプレートに追加できるサービスです。Twig拡張はTwigでImage Studioを使用したい人にヘルパーを提供します。

リソース: #1753, #1528, Documentation

BackendAccessVoterの拡張

BackendAccessVoterはバックエンドユーザーの全ての権限を確認できる様にしました。ContaoCorePermissionsクラスは一致する定数を提供できますので、IDEの自動補完機能に使用できます。

リソース: #1864

独自のページコントローラー

新しい@Page()アノテーションで、コントローラーをページとしてタグ付できます。Contao 4.10は次のサービス・アノテーションをサポートしました:

アノテーション 説明
@Callback イベントリスナーをコールバックとしてタグ付。
@ContentElement コントローラーをコンテント要素としてタグ付。
@CronJob サービスをcronジョブとしてタグ付。
@FrontendModule コントローラーをフロントエンドモジュールとしてタグ付。
@Hook イベントリスナーをフックとしてタグ付。
@Page コントローラーをページとしてタグ付。
@PickerProvider サービスを選択のプロバイダーとしてタグ付。

そしてさらにたくさん

他の変更の概要は変更履歴から参照できます。

Symfonyの互換性

Contao 4.10はSymfony 4.4 LTSと互換性があります。

更新の注意

Contao 4.10では、リッチテキストエディターはバージョン4またはバージョン5のどちらもインストール可能です。Contao 4.9からアップグレードする時に、次のcomposer.jsonをアップグレード前に追加しない限りTInyMCE 5を自動的にインストールします。

"require": {
    "contao-components/tinymce4": "^4.7"
}

TinyMCE 5を使用したい場合、忘れずにテンプレートを適切に変更してください。TinyMCEテンプレートはテンプレートブロックを使用する様にしましたので、独自のテンプレートのすべてをコピーする必要はありません。(#2135を参照)

こちらも参照: チケット | 比較表示 | 変更履歴


Contao 4.10.0 is availableの翻訳です。